精神科に通ってうつ病治療【精神の病気は治療できる】

カウンセリング

心の病に気づいていますか

体の不調に隠されています

病院

日々忙しい生活をしていたり、人間関係がうまくいっていないと気持ちが沈むことがあります。何か楽しいことがあったり、リフレッシュできることがあると沈んだ気持ちを取戻し、また明日からの生活を頑張ろうと意欲が湧いてきます。しかし、長期に渡り気持ちが沈んだまま意欲が減退したり気分が調整できなくなると、精神科ではうつ病と診断されることがあります。うつ病は、セロトニンやノルアドレナリンなど、感情を脳内でコントロールしている神経伝達物質のバランスが崩れることによって生じるといわれています。我慢強く抑うつ状態を我慢していると、精神面だけでなく身体的な不具合が生じてきます。睡眠障害や頭痛、食欲の過剰や減退が起こることがあり、内科で治療してもその原因が見つからないことがあります。そんな時には精神科への受診を勧められることがあります。仮面うつ病といわれ、体の不具合に隠されたうつ病は自分では気が付きにくく、家族や周辺の人からいつもの自分と素行が変わったと告知されたことから精神科へ受診をする場合も多くあります。

息抜きが予防になります

うつ病の治療には日頃のストレスを回避できるほどの十分な休息と、神経伝達物質の調整をするための薬物療法を行います。抗うつ剤は吐き気や便秘、下痢などの消化器系のトラブルが起こることもありますが、数週間もすると治まっていき、神経の作動性を調整していきます。体質によって副作用の少ないものも開発されており、自分に合う抗うつ剤を選定することができます。また、否定的な考え方を整理するために精神科医の指導の下、認知行動療法を行います。より柔軟な思考を取戻し、ぶり返しの予防をするためにも中長期の治療が必要です。うつ病になりやすい人にはタイプがあるといわれています。仕事熱心で責任感があり、全力で頑張らなければと自分を追い込む性格の人は病状を引き起こしやすい場合があります。また、頑固で道徳観が強すぎて神経質になりやすい性格も注意が必要です。しかし、性格を治すことは難しい為、ほどほどに行動をすることを自分自身でコントロールできるよう息抜きを覚えることも必要です。