精神科に通ってうつ病治療【精神の病気は治療できる】

女性

自分と向き合いましょう

女性

うつ病は精神科において、薬物療法と共に認知行動療法によって回復を目指していきます。高齢者ほど発症しやすく、社会的にも精神疾患として前向きに治療に取り組んでいるので、精神科での治療によって本来の自分を取り戻しましょう。

うつの特徴や治療とは

病院

うつ病は精神科や心療内科で診断してもらうことが出来ます。診断されたら様子見の場合もありますが、症状が重い場合は薬などを処方される場合もあります。薬によっては副作用が生じますので、副作用についても理解してから服用しましょう。

心の病気が増えています

女性

心の風邪と云われています

現代社会はストレス社会と云われており、多くのサラリーマンはストレスを抱えながら仕事をしています。サラリーマンの多くが悩んでいるのが、うつ病です。うつ病は「心の風邪」と云われるもので、誰にでもなる可能性があります。うつ病に悩んでいる者は、全国でおよそ100万人とも云われています。うつ病は、脳内にある神経伝達物質が減少することにより、脳の機能に障害が発生することにより発症すると云われています。神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンは気分や意欲などを活発化させる機能をもっていますが、これが減少することによってうつ病が発症します。うつ病の人は、意欲の減退、憂うつ感、悲壮感などにより勤務能率が減退します。最悪の場合には、自ら命を絶つということもあります。うつ病の初期症状では、食欲の減退、睡眠障害、性欲減退などの身体的な不調が発生します。うつ病発症の原因は、人間関係や生活環境の変化や過度のストレス状態等の各種の要因であると云われています。人間関係や生活環境の変化には、離婚、失業、親しい親族の死亡、リストラなどがあります。

適切な治療を受ける

睡眠障害や食欲減退等が一定期間続く場合には、うつ病が疑われますので、精神科や心療内科などの専門の病院を受診することが必要です。うつ病の治療には、休養、カウンセリング、薬物療法があります。精神科では、専門の精神科医がカウンセリングを行いながら投薬による治療を行っています。カウンセリングは、医師と患者が対話することによって行う治療方法です。薬物療法は、脳の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの分泌に作用する抗うつ薬を投与するものです。抗うつ薬の中には強い副作用を伴うものもあります。投薬後2週間程度で、頭痛、眠気、吐き気などの副作用が発生した場合には、薬を変更する必要があります。投薬治療を行う場合には、専門の精神科医によく相談しながら治療する必要があります。うつ病の症状が重い場合には、自殺のおそれがありますので、入院による治療を行う必要があります。うつ病は治る病気です。うつ病の初期症状を感じた場合には、早期に精神科や心療内科を受診することが最適です。

専門的な所で対応をする

男性

うつ病は心の病気ですから、専門的な場所で治療を進める必要があります。精神科には、蓄積されたノウハウが揃っているので、治療に向けたプログラムも組み込みやすい構造になっています。強い味方となる精神科をすぐに利用するべきです。

心を癒す方法

医者と看護師

うつ病は周囲から勘違いされやすいので、家族などの協力が必要不可欠です。しかしそれだけでは不十分であり、しっかりとした治療を行ってくれる精神科の存在はとても大きいと言えるでしょう。前向きに行動を続ける手助けをしてくれるのです。

心の病に気づいていますか

病院

うつ病は継続的に抑うつ状態が続く症状で、精神面の不調だけでなく身体的な不具合から病気に気が付かされることがあります。精神科医による認知行動療法によって否定的な考え方から前向きに物事を考えられるようになります。治療には十分な休息と薬物療法を並行して行っていきます。